与麻令児コラムNo.8『神仏との相性について!』

相性は神仏にもあります。

単純に合う合わないではなく、その時々で今自分に本当に必要な場所かどうかで写真のピントが合う様に状況とタイミングで御利益の出方が大きく変わります。

一度や二度お詣りして効果がなかった事で「ここは御利益がない。パワーがない。」などと決め付けるのは良くない。

その時、効果がないと思うなら別の場所に行ってみるのも一つの手だ。

私は生国魂神社に事ある毎に詣っているが、生国魂神社の様に沢山のお社で、ありあらゆる神様を祀っている場所で続けて全てを詣っていると、その時々で感じる場所が違う。

詣る事で色々なヒントを戴いたり、気持ちを楽にして戴きテンション高く帰る事もしばしばです。

決め付けず、たまたま近くを通る事も縁ですので、立ち寄った場所でお詣りしたいという気持ちになる事も意味があるのです。

縁があったと素直にお詣りする事もヒントだけかもしれませんが、行く意味はあると思います。

全て導かれているという謙虚な考えは大事なんじゃないでしょうか。

 

 

前回のコラムはこちら↓

与麻令児コラムNo.7『ご縁について!』

2020年5月6日









ABOUTこの記事をかいた人

まつもとしん児

職業:実演販売士 神社仏閣をこよなく愛する男! 関西の神社仏閣に実際に足を運んで取材し、誰にでも分かりやすく、良さをお伝えします!