与麻令児コラムNo.25『日々のお詣りの意味』

人間関係の中で色々と報告の有無は、大きな影響をもたらします。

いい事、悪い事関わらず、聞いていたか、聞いていなかったかで、その後の関係が変わりますよね。

お詣りもそうです。

普段から感謝を述べる事は報告をしているのと同じ。

緊急のお願いも普段のお詣りで必要性があるか、急がなきゃいけないか、ちゃんとわかって戴いているものです。

また、人は何かをするのに理由を求めてしまう。

理由が無い行動には意味がないと思ってしまうものです。

果たしてそうでしょうか?

理由が無いのでは無く、理由に気付いて無いだけかもしれません。

お詣りに目的が無くても良いんです!

望みが無くても良いんです!

取り敢えず、行く事で自分の方向性、夢、また自分を見つめ直す、そうその時の自分に必要な事を指し示して戴ける。

素直な気持ちで行けば良い!

天赦日と一粒万倍が重なる時も同じ。

只々意識し、その日を迎えるだけでも良い!

お詣りするのも良い!

財布や大事な物を買うのも良い!

素直な気持ちでその日を迎えれば良い!

 

前回のコラムはこちら↓

[kanren postid=”5294″]
最新情報をチェックしよう!