与麻令児コラムNo.9『お地蔵さんについて!』

貴方の住んでいる街のそこかしかにお地蔵さんが存在している。

お地蔵さんはどんな役割があってどんなお力を持っているのか?

笠地蔵は有名な話たが、要約すると、年の瀬に、雪が降り積もる中、六体のお地蔵さんを不憫に思った男は、一体一体売れ残った笠を掛けてあげて、翌朝お返しにお地蔵さんが、モチ、米、金銀財宝を恵んで戴くという話ですが、何故六体もお地蔵さんが並んでいたのか?

その辺りを簡単に説明しましょう。

六体のお地蔵さんとは何かと言うと、人間のこの世での行いによってあの世にある六つの世界に行き、それを六道と言います。

六つの世界それぞれにお地蔵さんがいるのです。

この世にお釈迦様が入滅してからこの世には仏はいません。

お釈迦様が入滅してから56億7000万年後に弥勒菩薩がこの世に現れますが、それまでの間お地蔵さんが私達を守ってくださるのです。

親しみやすいお姿なので軽く扱われる事が多いですが、観世音菩薩、弥勒菩薩と同様、お地蔵さんは地蔵菩薩と言い、仏になる為に修行をされている菩薩なのです。

お地蔵さんにはそれぞれ、何々地蔵とお名前がつけられています。

お近くのお地蔵さんがどんなお力になって戴けるか確かめて、感謝を込めてお手を合わせ下さい。


天六の商店街一本東の筋にあるお地蔵さんです。

 

 

前回のコラムはこちら↓

[kanren postid=”5128″]
最新情報をチェックしよう!