兵庫・神戸の定番人気初詣コース『神戸三社参り』を分かりやすくご紹介!

神戸を代表的する『生田神社(いくたじんじゃ)』、『湊川神社(みなとがわじんじゃ)』、『長田神社(ながたじんじゃ)』を巡る『神戸三社参り』。

神戸周辺では、初詣の人気の定番コースとして知られています。

まつもとしん児
まつもとしん児
今回はこの『生田神社(いくたじんじゃ)』・『湊川神社(みなとがわじんじゃ)』・『長田神社(ながたじんじゃ)』を巡る『神戸三社参り』を分かりやすくご紹介します。

三社参りとは・・・

生田神社楼門
まつもとしん児
まつもとしん児
まずは『神戸三社参り』を分かりやすくご紹介します。

『初詣=神社を三社参る』という西日本の各地の風習で、特に福岡県を中心として九州地方・中国地方の一部で根付いた風習らしいです。由来については諸説あるようですが、有力なのはこの二説。

①朝廷が伊勢神宮、石清水八幡宮、賀茂神社の三社に詣っていたため、庶民にも風習として広まった。

②自分の家系や先祖の守り神である『氏神』、自分が産まれた土地の神様『産土神(うぶすながみ)』、そして今自分が住んでいる土地の『鎮守神(ちんじゅがみ)』を詣るもの。ちなみに江戸時代、福岡藩主の黒田家では『住吉神社』、『日吉神社(山王)』、『筥崎宮(はこざきぐう)』にお詣りしていたそうです。

どこの神様でも三社参れば、三社参りというのではないようですが、現在は、それはそれとして、御近所や由緒ある神社をお参りすることに意義があるようです。

そして、神戸で『三社参り』というと、参拝者数が多いTop3の『生田神社』・『湊川神社』・『長田神社』、それぞれ通称は『生田さん』、『楠公さん(なんこうさん)』『長田さん』の組み合わせになり、初詣の定番コースとして人気なのです。

生田神社について

生田神社本殿
『生田神社』は兵庫県を代表する人気の神社で、特に『縁結び』にご利益があるという事で訪れる方が多いのではないでしょうか?

まつもとしん児
まつもとしん児
しかし『縁結び』だけではなく、数々のご利益がありますよ!

湊川神社(楠公さん)について

湊川神社本殿
『楠木正成公』を祀る『湊川神社(みなとがわじんじゃ)』も神戸の代表的な神社の一つです。

まつもとしん児
まつもとしん児
『楠木正成最期の地』や『楠木正成のお墓』など、見所はたくさんありますよ!

長田神社について

長田神社本殿
『商売繁盛の神様』として有名な『長田神社』は多くのご利益があるパワースポットとして人気の神社です。

まつもとしん児
まつもとしん児
その他にもちょっと変わった『痔の平癒』で有名なスポットもありますよ!

まとめ

おみくじ
たかが初詣と思わず、ご利益を期待するだけじゃなく、気持ちの良い新年を迎えるためにも、まずは感謝の気持ちを伝え、『新年も宜しくお願いします。』とお参りしてみましょう。

まつもとしん児
まつもとしん児
きっと見守ってくれている何かはいらっしゃると信じて。

ABOUTこの記事をかいた人

まつもとしん児

職業:実演販売士 人生のどん底に落ちた時、たまたま知人に連れられて、関東36不動霊場を周り、巡拝結願成就し、そこから人生が大きく変わったと思っている男! そして、神社仏閣をこよなく愛するようになり、少しでも多くの方に神社仏閣の良さを伝えたいと思い、実演販売士ならではの、誰にでもわかりやすく紹介する当サイトを作りました。