与麻令児コラムNo.22『負の無限ループについて!』



私の所へは凡ゆる相談が来る。

街角やボックスの占いをイメージされる方には占い師の仕事は相性をみたり、出逢いを求めて縁結び、仕事の選択や日取りっと頭の中を巡る事でしょう。

だが現実私が抱える仕事は家庭問題、相続、会社の組織対立、店舗相談が半分で不動産の相談が4分の1、後の残りが皆さんのイメージの占いです。

現実にそぐわない事は至って嫌いである。

否!目に見える結果を求めないと同じ悩みを繰り返すからだ。

悩みから解放されたい様に言ってはいるが、実の所悩みに逃げて、悩みに依存している。

そんな負の無限ループを持っている人は少なくない。

心配しなくても、人生なんて悩みなど無くならない。

しかし、悩みの内容は変わっていくもの。

出逢いが無い人が出逢いで悩み、出逢いが有れば結婚し、結婚生活で悩む。

子供が欲しいと悩み、生まれれば子育てで悩む。

悩みは尽きないが、悩みのスタンスは明らかに上がっている。

私の仕事は悩みを無くす事ではなく、悩みのスタンスを上げ楽しく悩める人生に変える事なのです。

その要素要素で寺社仏閣は手助けしてくれる。

叶える望みにより、それに必要な努力や時間は違うがチャンスやヒントを与えてくれる。

確実に目的に近付けてくれる。

もし進展が無いのであればお詣りの仕方に間違いがないか疑ってみては!

 

前回のコラムはこちら↓

与麻令児コラムNo.21『言霊について!』

2020年6月8日