『衝撃!!うさぎは寂しいと死ぬ!?』 作・春名功武

〈あらすじ〉

寂しいと死んでしまう、と知ったうさぎ。数日後、その家族は旅行に出掛けて行った。

〈本文〉

そのうさぎは純白な毛並みで、つぶらな瞳がとてもチャーミングであった。両親は娘にペットを通して命の大切さを学んで欲しいと思い、うさぎを買い与えた。

娘はたいそう喜んだ。うさぎを抱きかかえて、頬ずりする。娘が最近気に入っている愛情表現であった。うさぎが来てから、家庭がパッと明るくなったように感じる。両親はうさぎを飼って正解だったと思っていた。

不意に母親が、娘にこんな事を言った。
「うさぎはね、寂しいと死んじゃうんだよ」
「大丈夫。私ずっと一緒にいるから」

マジか……。
うさぎは娘の腕に抱かれたままの恰好で、目を丸くして驚いた。そんな事聞いたことないぞ。初耳だ。あんなに世話してくれたペットショップのスタッフさんも、そんな事は一言も言っていなかった。え~、うさぎってそうなの。はかなッ。

うさぎは自分の命の脆さにショックを受けた。

数日後。うさぎは、いつもと違う家族の様子に不安を覚えた。母親は早起きをして身支度をしている。微かに聞こえるハミングが陽気であることを物語っていた。父親は庭先で愛車のファミリーカーを洗車しているようだ。特にテンションが高いのは娘で、意味もなく部屋を走りまわっている。気になるのは、テーブルの上の旅行雑誌だ。

いつもなら、とっくにケージから出してもらう時間だというのに、そんな気配はない。昨晩からずっとこの狭いケージに閉じ込められたままだ。

ふと足を止めた娘が、ケージの前にやってきた。うさぎは、人懐こい笑顔を向ける。しかし、うさぎの期待は呆気なく散った。

「お留守番しててね。バイバイ」
娘が無邪気に言った。

うさぎはついに、ケージにひとり取り残された。カーテンが日の光を遮り部屋は真っ暗だった。微かに聞こえる隣のマンションの改装工事の音が、孤独を増す。

うさぎは思った。もしかして、これが寂しいという気持ちではないか。ということは、もうすぐ死ぬのか。飼い主の彼らは、うさぎが寂しいと死ぬ事を知っていた。それにも関わらず、俺をひとり取り残した。これは計画殺兎。俺を殺そうと企んでいるのだ。

あんなに可愛がってくれたのに。もう用済みってわけか。何て酷い奴らだ。

うさぎは、沸々と怒りが込み上げてくるのを感じた。そして、寂しさを憎しみという感情に変えて時間を過ごすことにした。こんなところで死んでたまるか。

次の日。21時を回った頃、飼い主が帰って来た。明かりがつき、部屋に温もりが戻って来た。いつもと変わらない空間が家族を迎える。ただ一か所、ケージの中を除けば。

ケージでは、うさぎが純白な毛を逆立たせ、爪を伸ばして戦闘態勢をとっていた。これで目玉をくり貫いてやる。うさぎは瞳を赤く光らせ、虎視眈眈と狙っていた。

娘がケージに近づいて来る。ここで仕留めておかないと、後でどんな目に合わされるか分かったもんじゃない。娘がうさぎを抱きかかえ頬ずりをする。

遣られる前に遣ってやる。うさぎの鋭い爪が光った…

作者プロフィール

春名功武(はるないさむ)

1977年、兵庫県生まれ。2000年大阪シナリオ学校演芸放送台本科卒業。第7回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞優秀賞受賞。フジテレビ『世にも奇妙な物語』の脚本を執筆。第1回日経「星新一賞」優秀賞(JBCCホールディングス賞)受賞を経て、小説家としてデビューする。2015年からアニメ「ちびまる子ちゃん」の脚本をレギュラーとして担当し現在に至る。

【問い合わせ先】

メール:i.haruna@samba.ocn.ne.jp

小説を読もう!」にて作品掲載中。

前回のコラムはこちら↓

『女房の男』 作・春名功武

2020年9月17日