住吉大社にはご利益がたくさん!隅々までしっかり参拝!

大阪市住吉区にある『住吉大社』は大阪屈指のパワースポット!

しかし、『住吉大社』はめちゃくちゃ境内が広いので、意味も分からず、参拝していたら、何処に何のご利益があるのか分からないので勿体ない!

じっくりと参拝してきました。

鳥居から本殿までの見所はここ!

こちらは正面から入ってすぐにある、神池に架けられた神橋は『反橋(そりはし)』です。

川に橋を架け、神域と俗界とを分け隔てた橋は『強力なパワースポット』との噂もあります。

最大傾斜が約48度もある、朱い『反橋』は住吉大社の象徴です。

『反橋』は『渡るだけで罪や穢(けが)れを清められる』といわれており、多くの参詣者がこの橋を渡り本殿にお参りします。

現在の石造橋脚は、慶長年間に淀君(太閤秀吉の妻)が豊臣秀頼公の成長祈願の為に奉納したと伝えられております。

罪や穢れを清めるために何往復もしてきました。

(往復する数だけ清められるものではないと思うがw)

いざ一礼して御本殿に参拝!

第一本宮~第四本宮

第3・4本宮

では、ご本殿に参拝です。

まず、境内に入って最初に見えるのが、並び合う『第三本宮』(写真左)『第四本宮』(写真右)です。

第2本宮
そして、『第三本宮』の後方が『第二本宮』

第1本宮
『第二本宮』の後方に『第一本宮』と並んでいます。

案内図
図で見ると、このような並びになっています。

入ってすぐが『第一本宮』かと思いきや、違うんですね。

それぞれにご祭神が違うので、しっかり把握して参拝しましょう。

住吉大社の正式な参拝方法を知って驚き!

第1本宮②
住吉大社の正式な参拝方法

『一の鳥居』⇒『反橋』⇒『手水舎』⇒『二の鳥居』と入り、『第一本宮』から『第四本宮』は特に参拝の順番はないとの事…。

これは意外にもビックリ!

なので、順番を気にせず、一つずつ丁寧に、自己紹介をし、日頃の感謝の気持ちを伝えて、神様にお願い事を言いましょう。

五大力の石を集めて五つの力を授かろう!

『住吉大社』にはちょっと面白い参拝ポイントがあります。

五所御前
場所は『住吉大社』の『第一本宮』近く、鳥居をくぐったところにある『五所御前(ごしょごぜん)』です。

その場所は、今も残っている杉の木に、その昔、鷺が三羽とまったのを『神功皇后』がご覧になり、『住吉大神』を祀る地を決めたと伝えられる場所です。『住吉大神降臨の地』といわれています。

五所御前
『五所御前(ごしょごぜん)』入った一画に、玉砂利が敷きつめられた格子状の石垣(瑞垣)があります。

このスペースこそが、住吉大社名物『五大力』石探しのポイントです。

住吉大社の五所御前には『五』、『大』、『力』と書かれた石が、字が書かれていないその他と石といっしょに多数敷き詰められた一画です。

『五大力』とは、すなわち『体力』・『智力』・『福力』・『財力』・『寿力』の5つの力を指します。

この『五大力』は元々は神仏習合の神宮寺の五大力尊信仰に由来しています。

その『五大力』とは、仏教でいう五人の明王のことを指します。

・不動ふどう明王(中心)

・大威徳だいいとく明王(西)

・軍荼利ぐんだり明王(南)

・降三世ごうざんぜ明王(東)

・金剛夜叉こんごうやしゃ明王(北)

と、不動明王を中心に守る方角も決まっています。

石
無数ある玉石のなかから『五』、『大』、『力』の石を集めてみて下さい。

お守り
集めると、専用の袋を社務所で購入し、お守りとし、肌身離さず身に着けることで、心願成就のご利益が授かれると伝えられています。

小石探し
是非、皆さんも石垣の間から手を入れて、『五』、『大』、『力』と書かれた3つの小石を探してみてください。

探して終わりではないのです。

願いが叶ったら(ご利益があったら)お礼参りをしますよね。

こちらのお礼参りはとても面白いのです。

自分がお守りにしていた3つの石と、自分で探した小石に同じように、感謝の気持ちを込め『五』、『大』、『力』と書き、『五所御前』で拾った小石とともにここに返します。

文字通り『倍返し』です!!『体力』・『智力』・『福力』・『財力』・『寿力』の五つの力が授かるとされている、『住吉大社』のパワースポットです。

住吉大社の縁結び・夫婦円満・恋愛成就の人気スポット

侍者社
『住吉大社』は縁結びや、恋愛成就の神様として人気があります。

中でも、第四本宮の近くにある、末社のひとつ『侍者(おもと)社』は、朱塗りの美しい外観の神社で、『縁結び』、『夫婦円満』など恋愛成就などに関わる信仰を集めていて、『住吉大社』の『恋愛成就のパワースポット』として評判になっています。

おもと人形
『侍者(おもと)社』で、『恋愛成就』や『縁結び』を祈願する時は、まず、社務所で『おもと人形』を授与してもらいます。

その人形の裏に自分の名前を書き、侍者社で一心に祈願します。

住吉大社には安産祈願で多くの方が訪れます!

次に安産祈願の参拝方法をご紹介します。

祈祷受付
祈祷受付で申し込みをし、祈祷殿にて安産祈願を受けます。

第4本宮②
祈祷後に本殿に参拝します。特に第四本宮の神功皇后様は『安産の神様』と言われています。

誕生石
そして最後にここ『誕生石』に参拝します。
授与所からほど近いこちらは『住吉大社』の『安産祈願スポット』として人気のスポットです。

囲いの中
ここの囲いの中の石を拾い御守にすると安産の信仰があると言われています。

ちなみにこの場所は、源頼朝の寵愛を受けた丹後局 (たんごのつぼね) が薩摩藩『島津氏』の始祖・『島津忠久公』を出産した場所と伝えられています。

御朱印


こちらが『住吉大社』の御朱印になります。(初穂料300円)

パワースポット好きにはもってこい!

第4本宮③
参拝からお礼参りまで、楽しめる大阪屈指のパワースポット『住吉大社』は如何でしたでしょうか?

初詣だけでも250万人以上の参拝客があり、『厄除け』『家内安全』『商売繁盛』から『恋愛成就』『縁結び』、『心願成就』まで、様々な面でご利益が見込めます。

ABOUTこの記事をかいた人

まつもとしん児

職業:実演販売士 人生のどん底に落ちた時、たまたま知人に連れられて、関東36不動霊場を周り、巡拝結願成就し、そこから人生が大きく変わったと思っている男! そして、神社仏閣をこよなく愛するようになり、少しでも多くの方に神社仏閣の良さを伝えたいと思い、実演販売士ならではの、誰にでもわかりやすく紹介する当サイトを作りました。