【大蓮寺】安産祈願で全国的に人気の京都のお寺!見どころをご紹介!

昔から『安産祈願の寺』として親しまれている『大蓮寺(だいれんじ)』は、山号を『引接山(いんじょうざん)』、院号を『極楽院』という、浄土宗知恩院派の寺院です。

かつては五条若宮(五条西洞院あたり)にありましたが、五条通の拡張に伴い、昭和20年に現在の東山二条に移りました。

今回はそんな『大蓮寺』の歴史や見どころなどを分かりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

大蓮寺の歴史から学びましょう!

まずは『大蓮寺』の歴史から学びましょう!

大蓮寺は、安土桃山時代の1600年(慶長5年)、『深誉上人(じんよしょうにん)』によって創建されたお寺です。

平安時代、比叡山の念仏堂にこもり、念仏三昧の修行をしていた『円仁(えんにん※慈覚大師【じかくだいし】とも言います)』は晩年、一躯(いっく※仏像などの一体)の阿弥陀如来像を彫っていました。

仕上げに掛かっていると、夢の中で阿弥陀如来様が現れ、『比叡山から京都へ下りて、女人の厄難(お産の苦しみ)を救いたい』とお告げになりました。

そこで、そのお告げに従い、女人禁制だった比叡山を下りて、『真正極楽寺(真如堂【しんにょどう】※京都市左京区にある天台宗の寺院)』にその阿弥陀如来像を安置。

すると、たちまち京都の女性たちから信仰を集め、多くの女性たちの出産の苦しみを救われたのです。

その後、応仁の乱で真正極楽寺は荒廃し、阿弥陀如来像は行方知れずになってしまいました。

それから時を経て1600年(慶長5年)、深誉上人は、伏見の一軒の荒れたお堂に金色に輝く阿弥陀如来像を発見し、誰もこの阿弥陀如来像をお守りしていないことに心を痛めた上人は大蓮寺を建立し、安置したのです。

当時は五条若宮あたりにあったといわれています。

一方、真正極楽寺が復興した元禄年間(1688年から1704年までの期間を指す)の頃、大蓮寺の阿弥陀如来像が真如堂の阿弥陀如来像ということが判明。

大蓮寺は幕府から阿弥陀如来像の返還を命じられます。

残念に思った上人は21日間念仏を称えた所、成満の21日目の朝、なんと阿弥陀如来像が二体に分かれていました。

その後、大蓮寺と真正極楽寺で一体ずつ阿弥陀如来像を安置することになったと伝えられています。

さらに1650年(慶安3年)、後光明天皇の皇后が懐妊され、当時の二世霊光和尚に安産祈願の勅命が下って以来、現在にいたるまで、大蓮寺は安産の寺として親しまれるようになったのです。

その後、有栖川職仁親王が後光明天皇の意思を継がれ当寺を念仏道場(※念仏を称え合う念仏室)として厚く信仰されて以降、代々の有栖川宮家が明治維新まで持続されました。

大蓮寺の見どころ

それでは境内の見どころを紹介します。

境内は小さめですよ。

スポンサーリンク

本堂|あんさん(安産)阿弥陀をお祀り

山門をくぐると正面に本堂がございます。

阿弥陀如来像のほか、多くの仏像が所蔵されています。

本尊の阿弥陀如来は、通称『あんさん(安産)阿弥陀』と呼ばれています。

明治時代まで、現在の八坂神社の境内に、薬師如来をご本尊とする『勧慶寺』というお寺がありましたが、1868年(明治元年)の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって廃寺となった際、すべての仏像や仏具は、祇園社とご縁のあった大蓮寺に移されたのです。

祇園社のご本尊で重要文化財の薬師如来や洛陽十二神中の夜叉神明王(やしゃじんみょうおう)などは非公開ですが、大蓮寺が京都市内の観音様を巡る『洛陽三十三所観音霊場』第八番札所に定められていることから、『十一面観音菩薩』は拝観出来ます。

蓮の花が境内を埋め尽くす!

大蓮寺といえばその名の通り、名前の通り大きな蓮の花が咲くことでも有名で、境内の本堂前にはたくさんの蓮の鉢があります。

白・赤・黄色など色とりどりの約40種類の蓮が咲き乱れます。

もともとは先々代が趣味で育てられていたのを受け継ぐ形で、現住職が15年ほど前から蓮の種類を増やし、端正こめて育てられているそうです。

60~70鉢の蓮が6月から境内を埋め尽くし、一番の見頃は7月いっぱいとの事です。

また、冬には境内の一角には珍しい梅『蝋梅(ろうばい)』が咲き、秋には紅葉が彩るなど、季節ごとにさまざまな表情を見せてくれる境内です。

スポンサーリンク

走り坊さん|実在したお坊さん

明治から大正時代にかけて、大蓮寺には京の人々から『走り坊さん』と親しまれた一人のお坊さんが実在しました。

1872年(明治5年)大阪府泉州の生まれで、幼い頃から体が弱かったため、お寺で修行して身体を鍛えようと、同郷の住職・十七世芳井玄定上人を頼って、18歳のときに大蓮寺に弟子入りしました。

出家後の名前は『籏玄教(はたげんきょう)』といいましたが、普段は幼名の『新田常治(つねじ)』から、『常さん』と呼ばれていました。

常さんは僧侶の資格はありませんでしたが、小僧として掃除や住職のお使いに日々励んでいました。

明治中後期になると、大蓮寺には安産の守護符と御腹帯を求め、女性の参拝が増えましたが、交通機関が発達しておらず、参詣が困難な人のために、常さんは守護符を届けるようになりました。

京都中を走って阿弥陀如来のお札を届けて回り、1日に走った距離は15里(約59km)にも及んだそうです。

病弱を克服したどころか、常人以上の健脚の持ち主となった常さんは、やがて『走り坊さん』と呼ばれるようになったのです。

そんな走り坊さんのエピソードも数々伝わっており、

『身長は143cmで、いつも電車は子供料金を請求されていた』

『大食漢・大酒豪で、各家で日本酒をもらい、お寺に帰るころには一斗(18リットル)近く飲んでいた』

『生涯独身を貫き、街で女性に声を掛けられても、恥ずかしくて「はい、さようなら」と立ち去ってしまうほどだった』

などなど。

体の前後に『大蓮寺』と書かれた頭陀袋(ずだぶくろ)を提げているのがお決まりのスタイルで、宣伝効果も相まって、当時はお寺に安産祈願をする人も増えたのだそうです。

この頭陀袋、いただいたお供え物を入れていたのですが、すべて貧しい人に渡してしまい、お寺に戻ったときにはいつも袋の中は空っぽでした。

私財は全て貧しい人々に分け与えていたため、『今一休』とも呼ばれ、葬儀の折には弔問の行列が途切れることがなかったそうです。

そんな走り坊さんの健脚にあやかり、大蓮寺は『足腰健常』のお守りも授与しています。

安産祈願|ネット申し込みも可

安産祈願は前もっての予約が必要になります。

ご希望の方は受付時間内の午前9時から午後4時半までの間に電話で予約出来ます。

祈祷料は授与品によって変わってきます。

晒しの腹帯と御宝号(ごほうごう)と安産のお守りと安産のお札と絵馬で5千円で、晒しの腹帯無しで3千円。

また、臨月まで毎日安産のご祈祷と御寶号を授与される安産年間祈願もあり、こちらは2万円になります。

納経所

こちらが本堂右手にある納経所です。

こちらで御朱印やお守りなどを頂くことが出来ます。

大蓮寺の御朱印|81枚目の御朱印を頂きました!

こちらが『大蓮寺』の御本尊である阿弥陀如来の御朱印です。

右上の朱印、中央の墨書き、左下の朱印に『安産(あんさん)』の文字が入っているのが特徴的です。

アクセス

・京都市営地下鉄東西線『三条京阪駅』下車:徒歩7分(600m)

・京阪電車三条京阪駅より徒歩8分(600m)

・JR『京都駅』から市バス『東山仁王門』下車:徒歩3分(260m)

大蓮寺:〒606-8353 京都府京都市左京区正往寺町457

まとめ

『大蓮寺』は如何でしたでしょうか?

境内は小さめで、ひっそりとしたお寺ですが訪れる方も多いようです。

皆さんも『大蓮寺』を訪れてみては如何でしょうか。

あわせて読みたい

京都の数多くある観光スポットの中でも高い人気を誇る『平安神宮』は外国人観光客にも人気の高い観光スポットです。 『平安神宮』は、四季を通して様々な表情を見せることでも有名で、京都でも有数のパワースポットとしても、絶大な人気を誇っています[…]

あわせて読みたい

京都で人気を集めている『うさぎ神社』こと『岡﨑神社』は、縁結びや夫婦和合・子授けにご利益があると言われることから、女性の参拝者が増加しております。 また、境内ではうさぎづくしの可愛らしい写真が撮れるという事で、知る人ぞ知るSNS映えス[…]

あわせて読みたい

『熊野神社』と言えば、日本全国に2,700社以上あると言われており、格式高い神社で多くの人の厚い信仰を集めています。 同じ京都市内ある『新熊野神社』・『熊野若王子神社』と共に『京都熊野三山』として信仰を集めており、この『京都熊野三山』[…]

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!