豊國神社は日本一の出世開運のパワースポット!豊臣秀吉にあやかる!

日本の歴史上、最も出世した人物の一人と言われている『豊臣秀吉公』と息子の『秀頼公』、弟の『秀長公』をお祀りしている『豊國神社』は大阪でも出世・開運・金運のパワースポットととして人気です。

特に、農民から天下人となった『豊臣秀吉公』が『出世・開運の神様』として崇められているということもあり、出世や成功を願うサラリーマンに人気の高い神社です。

まつもとしん児
まつもとしん児
今回は『豊國神社』の歴史や、ご利益や見所、御朱印、アクセス情報を分かりやすくご紹介します。

豊國神社の歴史を簡単にご紹介

豊國神社入り口
まつもとしん児
まつもとしん児
まずは『豊國神社』の歴史を分かりやすくご紹介します。

1879年(明治12年)11月、明治天皇の勅令によって、現在の鎮座地である大坂城二の丸は陸軍省の所管だったため、大阪市中之島に京都市東山区に鎮座する『豊国神社(とよくにじんじゃ)』の別社として創建されました。

その後、中之島図書館近くに移された後、1961年(昭和36年)に現在の場所に移りました。

『豊國神社(ほうこくじんじゃ)』は、もともと京都市東山区に鎮座する神社である『豊国神社』と一つのものでした。しかしながら、現在は豊国神社と豐國神社は二つの別々の神社です。豊国神社が『とよくにじんじゃ』と音読みになっているのに対し、豐國神社は訓読みで『ほうこくじんじゃ』と読みます。

両神社とも、豊臣家を祀った神社ですが、『豊国神社』が豊臣秀吉だけを祀っているのに対し、『豐國神社』の方は、豊臣秀頼、豊臣秀長も配祀しています。

豊國神社のご祭神と期待出来るご利益

豐國神社本殿

ご祭神

豊臣秀吉公豊臣秀頼公豊臣秀長公がお祀りされています。

ご利益

本殿巨大絵馬
出世開運仕事成就仕事運上昇

就職成就商売繁盛必勝祈願会社祈祷

秀吉像

秀吉像
こちらは鳥居のすぐ近くにそびえ立っている『豊臣秀吉公』の像です。

2007年(平成19年)4月17日に復元されました。もともとあった銅像は1943年(昭和18年)に戦争のために供出してしまったため、64年ぶりの銅像となります。

ちなみに銅像の高さは5.2m(像:3.2m、台座:2m)もあります。

豊國神社の境内の見所

本殿


こちらが『本殿』になります。

また『豊國神社』の境内には鳥居から本殿を見て左側に摂社があります。

強烈なパワースポットととして人気です。

白玉神社:商売繁盛

白玉神社
『白玉神社』『玉繁神社』『玉春神社』『七夕神社』が揃っており、その中でも『白玉神社』『宇迦御魂神(うかのみたまのかみ)』、すなわち『稲荷神』をお祀りしています。

元々は『白玉稲荷神社』と呼ばれて中之島の藩蔵屋敷に祀られてありましたが、野崎喜三郎なる者が東区(現在の中央区)淡路町の自宅に移して居ったのを1879年(明治12年)に境内社として遷座し『白玉神社』と称したというから、創建当初の『大阪別社』の時代から『豊國神社』と共に歩んできたということになります。

若永神社:金運向上

岩永神社
こちらは『岩永神社』です。

ご祭神は『宇迦御魂神(うかのみたまのかみ)』『白玉神社』と同じです。

もともとは、全国の米相場を決めたといわれる米市を立ち上げた豪商『淀屋辰五郎』の鎮守のお社であったと伝えられています。この『淀屋』さんは江戸時代に莫大な資産を築いた豪商で、当時の大阪が『天下の台所』と言われる土台を作った張本人らしいです。

その莫大な資産は現在の価値で言うと、100兆円以上とも言われており、日本の歴史から見ても、桁外れの豪商です。大阪の『淀屋橋』という地名としても残っています。

大阪市中央区に鎮座していたが、昭和2年、御堂筋の道路拡張の為『豊國神社』境内に遷座しました。

そんな『淀屋』にあった神社なんですから、『商売繁盛』のご利益も桁外れという事でパワースポットとして大変人気となっています。

『白玉神社』も『若永神社』も『商売繁盛』にご利益のある神様がお祀りされているので、『豊國神社』とあわせて参拝される事をお薦めします。

秀吉庭

秀石庭
本殿の奥へと進んでいくと『豊國神社』の庭園である『秀石庭(しゅうせきてい)』があります。

作庭家として知られている重森三玲(しげもりみれい)さんが昭和47年(1972年)に作庭した、大きな石を利用した庭となっています。草や木を使わないで海を表現しているらしく、大きな岩が島を、白い砂利が海を表しているそうです。

また、巨大な石が置いてある台座が豊臣秀吉の馬印であった瓢箪(ひょうたん)の形をしています。普段は一般公開されていませんが、初詣の時期など特別公開が行われる時期があるので、『秀石庭』を眺めたい人は、事前に要チェックです。

御朱印

御朱印
こちらが御朱印になります。

アクセス

豊國神社入り口②

電車の場合

Osaka Metro長堀鶴見緑地線『大阪ビジネスパーク駅』より徒歩13分

JR・Osaka Metro長堀鶴見緑地線『森ノ宮駅』より徒歩12分

Osaka Metro谷町線・中央線『谷町四丁目駅』より徒歩13分

京阪・Osaka Metro谷町線『天満橋駅』より徒歩15分

お車の場合

阪神高速『法円坂』、『森ノ宮』出口からほど近く

豊國神社:〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城2−1⇒Googleマップ

まとめ

豊國神社鳥居
『豊國神社』は大きなパワーを頂く事が出来るパワースポットとして大変人気があり、日本各地からはもちろん、最近では海外からも多くの人が参拝に訪れています。

まつもとしん児
まつもとしん児
戦国時代に大出世を遂げた豊臣秀吉のパワーをしっかり頂く為に参拝してみては如何でしょうか。

引用文献
豊国神社は大阪城のパワースポット!?出世や仕事にご利益【ルポ】御朱印,お守り,アクセスも
豊國神社【アクセス・駐車場・御朱印】天下人が御祭神
豊國神社 秀石庭(豊国神社)
「豊國神社」は大阪のパワースポット!開運や商売繁盛にご利益あり?
大阪城公園「豊國神社」のご利益・お守り・ご祈祷・アクセスについて

ABOUTこの記事をかいた人

まつもとしん児

職業:実演販売士 人生のどん底に落ちた時、たまたま知人に連れられて、関東36不動霊場を周り、巡拝結願成就し、そこから人生が大きく変わったと思っている男! そして、神社仏閣をこよなく愛するようになり、少しでも多くの方に神社仏閣の良さを伝えたいと思い、実演販売士ならではの、誰にでもわかりやすく紹介する当サイトを作りました。