『愛の告白♡』 作・春名功武

スポンサーリンク

〈あらすじ〉

奥手の青年ユウスケは、愛の告白が出来ない事を悩んでいた。今は大昔とは違い、生殖細胞が活性化さえすれば愛の告白が出来るようになったというのに…。

スポンサーリンク

〈本文〉

夜。リビングのテーブルでは夫婦ふたりが晩酌しながら、会話を交わしていた。時折難しい顔になり、ため息が漏れる。ふたりが話しているのは、二十二歳になるひとり息子のユウスケの事だ。誰もが知る一流大学に通い将来が楽しみな自慢の息子なのだが、奥手でこれまで一度も浮いた話を聞いた事がなかった。

「誰か良い人はいないのか?」
「仲の良い友達はいるようですが。好きな子がいるかまでは分かりませんわ。あの子、何も話しませんもの」
「そうか。むかし、若者の恋愛離れが増えて社会問題になった時代があったじゃないか」
「懐かしいですわね。確か草食系男子や絶食男子など、恋愛に対して消極的な男性が増えたんでしたね」
「ユウスケを見ていると、その当時の若者のようで心配になるよ」
「ですが、今は昔とはまるで違いますから」
「だからこそなんだ。昔ならまだ知らず、今の時代で奥手というのもなぁ。あいつ、何か身体的に異常があるんじゃないか」
「まさか。大丈夫ですよ。そのうち、彼女を紹介してくれる日が来ますよ」
「…それならいいんだが」

父親はお酒をグビッと喉に流し込み、赤らんだ顔で、酔うと必ずする話を始めた。
「娘を持つ父親が、娘の交際を反対するという話をよく聞くが、何て自分勝手な親だとワタシは思うね」
熱が入り、つい声のボリュームが上がる。
「ワタシはそんな父親に問いたいよ。娘が恋する喜びを知らなくてもいいのかと。一生誰とも付き合うことなく、ひとりぼっちでもいいのかとね。ワタシは自分の息子がそんな事になったら、不憫でならないよ」
「そうですね。分かりましたから、そろそろお休みになったらどうですか」
母親は2階にいるユウスケに聞こえないかと冷や冷やする。もし聞こえていたら、プレッシャーを感じてしまうんじゃないかと心配した。

2階の部屋では、ユウスケがベッドに横になり自己啓発本を読んでいた。しばらく読み進めていたが、きりの良いところまできたので、しおりを挟んで本を閉じる。

天井をぼうっと眺め、物思いにふける。こんな時、年頃の男性が考える事といえば、好きな女性の事だ。ユウスケは、頭の中に大学のゼミで一緒のナナミの姿を思い描いていた。色白で、切れ長の目、スーッと通った鼻筋、形のいい唇、長めに伸ばした髪は、後ろで束ねてポニーテールにしている。

ナナミちゃんに会いたいなぁ。デート出来たら最高だろうなぁ。でも何でなんだろう。こんなにもナナミちゃんが好きなのに、どうして愛の告白が出来ないんだろう。みんなは簡単に出来ているのに。僕だけが出来ない。今は大昔とは違い、簡単に出来るはずなのに。大昔の人は愛の告白ひとつするのも、大変な気苦労だったと聞く。今でもこんな様なのに、そんな時代に生まれていたら、恋人なんて夢のまた夢だろうなぁ。

ユウスケは生態学の教材で見た大昔の愛の告白の映像を思い出す。

教材動画は、学校の校舎裏で男女が向かい合って立っているところから始まる。二人ともどこか照れ臭そうな素振りをみせている。突如、男性の方が覚悟を決めた顔になる。真っ直ぐ女性の目を見詰め、勇気を振り絞って言う「君の事が好きだ。付き合ってくれ」

返事は2パターン用意されていた。

承諾する場合。女性は上目使いで照れ笑いを浮かべ「うれしい。ありがとう。こんな私でよかったら」と返事をする。

断る場合。女性は素っ気ない態度で「今は誰とも付き合う気はないの。ごめんなさい」と返事をする。

ユウスケはあの映像を思い返すだけで、頬が赤くなり照れ臭い気持ちなる。大昔の人はよく面と向かってあんな事が言えるな。恥ずかしくないのかなぁ。こんな事までしなくてはならないんだったら、恋愛なんてしたくないと思うだろうな。恋愛離れが増えて社会問題になったのも頷ける。でもそれがまさか出生率を急落させて、少子化社会を招き、人口減少に繋がるとはね。まぁそういう時代を経て、人類は進化した。そのおかげで、あんな恥ずかしい思いをしなくても、生殖細胞が活性化すれば、愛の告白が出来るようになったわけだけどね。

ユウスケはベッドから起き上がると、さきほどダウンロードした映画を見る事にした。去年大ヒットした話題のラブストーリー。本当は映画館の大きなスクリーンで観たかったのだが、男ひとりではさすがに行きづらく断念したのだった。

2時間があっという間に感じられた傑作だった。主人公の男性が余命いくばくもないヒロインに交際を申し込むシーンには涙が止まらなかった。やっぱり大きなスクリーンで観たかった。僕もいつかあんな感動的な告白をしてみたいものだ。

休日。駅前にある大きなスクランブル交差点には、信号待ちをする大勢の人の姿があった。その中にユウスケと母親の顔がある。母親の買い物に付き合わされたユウスケは、両手いっぱいに紙袋を抱えていた。

歩行者用の信号機が赤から青に変わる。大勢の人がいっせいに動き出す。ぶつからないように行き交う老若男女。駅に向かって歩く母親の後に続くユウスケ。目の端に知った顔が映った。反対側から歩いてきた、大学のゼミで一緒のナナミである。

「ナナミちゃん」
ユウスケは思わず声に出していた。名前を呼ばれ立ち止まったナナミは、周りを見渡し、ユウスケの顔を見付けると弾んだ声をあげた。
「あ、ユウスケくん」

まさかこんなところでナナミちゃんに会えるなんて。ユウスケは緊張と高揚で浮足立つ。ナナミもまた、このシチュエーションにドキドキしていた。

交差点を絶え間なく行き交う人たちの中、ユウスケとナナミだけが時間が止まったかのように立ち止まり見詰めあっていた。

休みの日のナナミは、大学で見るよりしっかりと化粧をしており、赤いワンピースを着て、色気を漂わせていた。女性らしい甘い香りもした。そのことが、ユウスケの体温を上昇させ、男性ホルモンを増幅させると、生殖細胞が活性化していく。

突然、ユウスケの顔付きが真顔になり、両手に持っていた紙袋を放り投げた。胸を膨らませ、お尻を突き出し、両手を大きく広げ、自分を大きく見せる体勢を取った。ユウスケの男らしさを肌で感じ取ったナナミは、ポッと頬を赤らめる。

「何だ?」「どうしたの?」と交差点を渡っている人たちが騒ぎ立てる。そんな声を聞き、先を歩いていた母親が振り返り、ユウスケの姿を見て驚いた顔になる「ユ、ユウスケ」

ユウスケはゆっくりとダイナミックに両腕を左右に振り、腰も左右に振り、唇を弾いてパン!パン!パン!と音を鳴らす。その動きを何度も繰り返す。

「何だ。交際を申し込んでいるのか」「ヤダ、こんな所で愛の告白。お若いんだから」「求愛ダンスか。青年、頑張れ」などと、立ち止まる者、通りすがる者、一様に顔をほころばせながら声をあげている。

母親の息子を見詰める顔は、何処か寂しそうであった。あなた、ユウスケがついに大人の階段を登り始めましたよ。

歩行者用信号機が赤に変わり、横断歩道にはユウスケとナナミだけになった。渡り切った人たちは、用事があるにも関わらず、足を止めて見ている。信号待ちをしていた車の運転手たちも、車を発進させることはなく黙って二人の恋の行方を見守っていた。

ユウスケの求愛ダンスは激しさを増していく。腕を振り、腰を振り、唇を鳴らす。その時、「ちょっと待った!」と、割って入ってくる男があった。金髪でロングヘアー、いかにも遊んでいそうな風貌。このギャル男、少し前にナナミとすれ違い可愛いと思いナンパをしようと後をつけて来ていたのだ。

ギャル男は真顔になると、胸を膨らませ、お尻を突き出し、両手を大きく広げ、自分を大きく見せる体勢を取った。

突然のギャル男の登場に周りの野次馬たちがざわつく「おい、おい、ライバル登場かよ」「面白くなってきたぞ」「頑張れ、青年」「ちょっとヤバイよ。青年の動きが小さくなってる」「ギャル男に萎縮してやがる」

本能的に動揺してしまったユウスケは、ダンスにキレがなくなっていた。そこで始まったギャル男の求愛ダンス。リズミカルに艶めかしく、腕を振り、腰を振り、唇を鳴らす。
パン!パン!パン!数々のナンパで鍛えられてきたギャル男だけあって、基本のダンス以外のアドリブも加える。体の前で、左右の手を手前側に糸巻きのように数回回した後、右手をまっすぐ前に伸ばし、ナナミを指すポーズを取った。遊び心があって見ていて楽しいものだった。

求愛ダンスの動きに自信を持てなくなっていたユウスケであったが、脳裏に昨日見た映画のシーンが蘇る。主人公の男性が余命いくばくもないヒロインに向けて踊る求愛ダンス。そうだ。求愛ダンスは心で踊るんだ。

ユウスケはナナミを愛する強い想いを込めて一心不乱で踊る。腕を振り、腰を振り、唇を鳴らす。突然ナナミが真顔になる。返事をする時がきたようだ。周りは静まり返り、一気に緊張感が高まる。ナナミはゆっくりとしなやかに、腕を振り、腰も振り、唇を鳴らす。どちらを選ぶのだ。みんなが注視するなか、ナナミは選んだ相手の正面に立ち、徐々にリズムを合わせていく。腕を振り、腰を振り、唇を鳴らす。二人の息がピッタリ合い、シンクロする。そこで、ガックンと膝から崩れ落ちるギャル男。ナナミが選んだのはユウスケだった。

二人の愛に満ちた友愛ダンスが続く。交差点に咲いた2輪の花が美しく揺れているようであった。

周りから拍手と歓声が起こる。コングラッチュレーション!

母親は人目もはばからずに泣き崩れた。
「良かったわね、良かったわね、ユウスケ」

スポンサーリンク

作者プロフィール

春名功武(はるないさむ)

1977年、兵庫県生まれ。2000年大阪シナリオ学校演芸放送台本科卒業。第7回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞優秀賞受賞。フジテレビ『世にも奇妙な物語』の脚本を執筆。第1回日経「星新一賞」優秀賞(JBCCホールディングス賞)受賞を経て、小説家としてデビューする。2015年からアニメ「ちびまる子ちゃん」の脚本をレギュラーとして担当し現在に至る。

【問い合わせ先】

メール:i.haruna@samba.ocn.ne.jp

小説を読もう!」にて作品掲載中。

前回のコラム

〈あらすじ〉 地球の侵略を目論み、円盤型の宇宙船が地球の調査をしていた。地球人の体の調査の為、人体実験をする事になったのだが、トラブルが起こった。トラブルの中、人体実験に選ばれた適任者とは… 〈本文〉 星が煌めく夜空のなかに、飛び回る[…]

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!