『枕奪還作戦』 作・春名功武

スポンサーリンク

〈あらすじ〉

枕がしっくりこなくて眠れない。妻が枕カバーを掛ける時に取り違えたのだろう。妻の使っている枕こそ、ワタシの枕に違いない。安眠を取り戻す為、枕奪還作戦を実行する。

スポンサーリンク

〈本文〉

「なんか、いつもと違う…」
ワタシはベッドに横になってすぐに違和感を覚えた。枕がどうもしっくりこないのだ。

隣で眠る妻を起さないよう、頭を置く位置や角度を変えたりしたが、一向にいつものフィットする場所を見付ける事が出来ず、困惑する。試しに枕を裏返してみるが、余計に酷くなった。

こうなると、考えられる事はひとつだ。これは、ワタシの枕のふりをした別の枕に違いない。確かにこの青地に白の水玉模様が入った枕カバーは、ワタシのである。しかし肝心の中身が違うのだろう。

ワタシは上半身を起して妻の寝顔を見下ろす。妻の使っている枕こそ、ワタシの枕であるに違いない。妻が枕カバーを掛ける時に間違えて、ワタシの枕に妻の枕カバーを掛けたのだ。ピンク地に白の水玉模様の枕カバーを着せられたワタシの枕。女装趣味のある男性のように見えて来る。

仄かに光る豆電球の明かりの中、妻のスウスウという寝息が聞こえてくる。妻は半年ほど前から、趣味で社交ダンスを始めた。レッスンがキツイのか、社交ダンスのあった日は、死んだように眠る。おそらく枕が違っていることなど気が付いてもいないのだろう。

さて、どうする。このまま無理矢理でも、目をつぶっていれば眠れるだろうか。いや、枕が変わると眠れないという性質が、そう簡単に改善するとは思えない。じゃあ、どうすればいい。必死に思考を巡らせる。やはり妻を起して、枕を変えてもらうか。

ワタシは改めて妻の寝顔を見下ろした。気持ちよさそうに眠っている妻を起こす気にはなれなかった。それにしても、社交ダンスを始めて、妻はますます綺麗になったんじゃないかと思う。体を動かすと血行が良くなり綺麗になるのかもしれない。

ワタシはためらいながらも、先程思い付いた〈枕奪還作戦〉を試す事にした。もうそれしか、この窮地を脱出する方法はない。悩んでいる場合ではないのだ。こうやっている間にも刻々と時間は過ぎていく。明日は大事な商談があり、上司からプレゼンを任されている。寝不足など、絶対にあってはならないのだ。

枕奪還作戦には、大きく分けて4つの工程がある。1、妻の首と枕の間に腕を滑り込ませる。2、妻をワタシの方に引き寄せて腕枕する。これでワタシの枕から妻を引き離す事が出来る。3、妻の首から腕枕している腕を引き抜きながら、同時に妻の枕を妻の頭の下に持ってくる。4、妻を乗り越えて先程まで妻が寝ていた位置に移動する。すなわち、ワタシと妻の寝ている位置を変えて、枕をゲットするという作戦だ。枕を変えるのではなく、寝ている位置を変える。今思い付く限りの最善の手だろう。

ワタシは作戦を実行に移すため、改めて妻の隣に横になる。目を瞑り、イメージを膨らませる。このままうっかり寝てしまったら、どれほど楽かと思ったが、そうはならなかった。

目を開くと、豆電球の明かりで天井が夕焼けのようにオレンジがかっていた。仰向けのまま、ゆっくりと妻に近づいていく。妻の体温が感じられる位置まで来ると、体を妻の方に傾ける。第1工程に移る。妻の首と枕の僅かな隙間を狙って、腕を通していく。

妻を起こす事なく、無事に腕を通すことが出来たので、そのままの勢いで、第2工程である、妻を引き寄せようかと思ったが、焦りは禁物。一旦落ち着くことにした。深呼吸を2度する。

ここからは、慎重かつ大胆な行動が必要となる。妻の頭の下にある腕をゆっくりと持ち上げながら、妻の体を引き寄せていく。狙い通り妻はこちらを向いて寝返りを打ち、そのままワタシの腕と胸の間に収まった。腕枕を完成させる。妻の寝息は健在で、起きている様子はなかった。

鼻先に妻の手入れの行き届いた髪の毛がある。シャンプーの良い香りがする。しばらくこうしていたい気分になる。考えてみたら、腕枕をすることなんてなくなった。昔はよくせがまれたものだ。

作戦通り、妻を引き寄せて腕枕したことで、妻側のベッドの端にスペースが出来ている。次の工程に進む。妻の頭から腕を抜くのと同時に、妻の枕を妻の頭の下に持ってくる。これはなかなか難易度が高い。でも、やらなければ、ワタシに安眠が訪れる事はない。

安眠まであともう少し。行動に移ろうとしたその時、突然、妻が寝ぼけたように言った。
「なんか、いつもと違う…」

妻はワタシの腕から離れて、元の位置で眠りだす。機先を制された形となり、ワタシは声を出せなかった。振り出しに戻った。いや、そんな事よりも…

妻の発した「いつもと違う」とは、いったいどういう意味なのだ。腕枕のことか…いつもと違う腕枕…社交ダンスで鍛え上げられた筋肉質な男の腕が、脳裏に浮かんだ。

ワタシは上半身を起して、最近綺麗になった妻の寝顔を見下ろした。ますます眠れなくなってしまった。

スポンサーリンク

作者プロフィール

春名功武(はるないさむ)

1977年、兵庫県生まれ。2000年大阪シナリオ学校演芸放送台本科卒業。第7回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞優秀賞受賞。フジテレビ『世にも奇妙な物語』の脚本を執筆。第1回日経「星新一賞」優秀賞(JBCCホールディングス賞)受賞を経て、小説家としてデビューする。2015年からアニメ「ちびまる子ちゃん」の脚本をレギュラーとして担当し現在に至る。

【問い合わせ先】

メール:i.haruna@samba.ocn.ne.jp

小説を読もう!」にて作品掲載中。

前回のコラム

〈あらすじ〉 奥手の青年ユウスケは、愛の告白が出来ない事を悩んでいた。今は大昔とは違い、生殖細胞が活性化さえすれば愛の告白が出来るようになったというのに…。 〈本文〉 夜。リビングのテーブルでは夫婦ふたりが晩酌しながら、会話を交わして[…]

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!