『オオカミ少年』 作・春名功武

〈あらすじ〉

「イノシシが出たぞ~!」少年は大声を張り上げ村を駆け回った。彼はいったい何者なのか?

〈本文〉

「うわぁ~!イノシシが出たぞ~!」
少年が大声を張り上げ、村を駆け回った。

その声を聞き、村の大人達はライフルなどの武器を携え、緊迫した表情で声の元に駆けつけた。しかし大人達は、少年の顔を見てガックリと肩を落とした。

「また、君か…」
「イノシシが!イノシシが出たんだ!」
少年は興奮して言った。大人達は周りを確かめたが、やはりイノシシなどいなかった。
「何処にもいないじゃないか」
「全く困った子だね。狼の次はイノシシかい。いい加減にしてくれよ」
「嘘はいけないと、あれ程言ったじゃないか」
大人達は少年にそう言い聞かせて、それぞれの家に帰っていった。少年はフンッと口を尖らせた。

そして、数日後。
「うわぁ~!イノシシが出たぞ~!助けて~」
少年は大声で叫んだ。そんな少年の声を聞いても、村の大人達は誰も相手にしなかった。しかし、叫びながら村を駆け回る少年の後ろには、イノシシの大群がいた。

イノシシは少年に突進して跳ね飛ばすと、村の畑を荒らして山に帰って行った。少年は命は取り留めたものの、重傷を負った。

それから村の大人達の間で、こんな噂が囁かれるようになった。
「ねぇあの子、嘘を付いているわけじゃないのかも」
「狼もイノシシも、本当に現れたもんな」
「もしかして予知能力があるんじゃないかしら」
「えぇ!まさか…」

それからしばらく経ったある日。少年はまた、大声を出して村を駆け回った。
「うわぁ~!ヒョウが出たぞ~!助けて~」

その声を聞いて、大人達は武器を手にして駆けつけた。しかし少年は1人で駆け回っているだけで、ヒョウなど何処にもいなかった。それでも少年は懸命に言った。
「ヒョウが、ヒョウが出たんだ!」
大人達は辺りを見渡し、少年に対し優しい口調でこう言った。
「おかしいな。ヒョウはいないみたいだぞ。また出た時には、教えておくれ」
大人達は少年の頭を撫でて帰って行った。少年はいつもと違う大人の態度にポカ~ンと口を開けた。

それから少年は、来る日も来る日も叫び続けた。
「ヒョウが、ヒョウが出たぞ~!」
大人達はその度に駆け付けたが、一向にヒョウは現れなかった。

二週間が経った。
「うわぁ~!ヒョウが出たぞ~!助けて~」
村を駆け回る少年の後ろには、本当にヒョウの大群がいた。大人達は何度と無く予行演習をやっていたので、手際良くヒョウを追い詰めて、捕らえることに成功した。

そして少年は『嘘つき少年』から『予知能力少年』と呼び名が変わり、称賛されるようになった。

村人は、ヒョウから取った毛皮や牙で作ったアクセサリーで、裕福になった。全て少年のおかげであると、ついにはその少年は『神の子』と、崇められるようになった。

しかし少年は喜ぶどころか、いつも不機嫌そうな顔をしていた。それがまた、カリスマ性となった。そして村人たちは、少年の次の叫び(予知)を、今か今かと楽しみに待つようになった。

そして青く晴れ渡ったある日。とうとう少年は大声を張り上げ、村を駆け回った。
「うわぁ~!角の生えた頭が3つある全身がウロコで覆われて羽の生えた怪物が出たぞ~!助けて~」

その声を聞いて、大人達は頭を抱えた。
「これは予知なのか…それとも…」

作者プロフィール

春名功武(はるないさむ)

1977年、兵庫県生まれ。2000年大阪シナリオ学校演芸放送台本科卒業。第7回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞優秀賞受賞。フジテレビ『世にも奇妙な物語』の脚本を執筆。第1回日経「星新一賞」優秀賞(JBCCホールディングス賞)受賞を経て、小説家としてデビューする。2015年からアニメ「ちびまる子ちゃん」の脚本をレギュラーとして担当し現在に至る。

【問い合わせ先】

メール:i.haruna@samba.ocn.ne.jp

小説を読もう!」にて作品掲載中。

前回のコラム

〈あらすじ〉 プロのミュージシャンを目指している男の前に、ファンキーな出で立ちの妖精が現れてこう言った。「君は選ばれたんだぜ、ベイビー」 〈本文〉 男は真剣にプロのミュージシャンを目指しており、素質もカリスマ性もあった。 ある静[…]

最新情報をチェックしよう!