与麻令児コラムNo.7『ご縁について!』



ペットは世話をしてあげているのではなく世話をさせて貰っている。親と子もそうである。

物事は感謝の気持ちで考える事で幸せを感じるものだが、お互いに感謝を持たないと幸せにはならない。

見返りではないが、愛情を注ぐが相手から感謝愛情を感じなければつらいものです。

またその逆もしかり、相手の愛情に気付かなければそれも幸せではない。

気持ちがないのは論外ですが、相互間の意思の疎通が上手くいくかいかないかが問題です。

慈愛に満ちた平常心と相性の良さを手に入れて幸福感を高めるにはこれからお話ししていこうと思います。

相性について

相性を皆さんは少し勘違いされている様ですが、磁石の様に引かれ合うのが相性ではなく、熱伝導の様にエネルギーの伝達や増幅がしやすいか、しにくいかに近いもので、相性が良ければ無条件で良いのかと言えばそうではなく、詐欺師と相性が良ければ詐欺に会いやすく、好意的な助言も相性が悪ければついつい裏読みしてしまう様に相性の良し悪しで安易に判断するのは危険である。

良い出会いと良い相性が備わってベストの状況と言える。

良い縁を結び悪縁を遠ざけると言う意味から縁結びに御利益がある所か、お稲荷さんも力を貸してくれる。

何故お稲荷さんかはまたの機会にご説明致します。

慈悲の心の維持

安定した慈悲の心を保つにははっきり言って不動明王と観世音菩薩にお詣りをお勧めします。


あと一心寺東向いにある三千仏堂は自分を取り戻すのに、また何処かにお詣りする前に自分の干支の十二神将前で手を合わせる事もお勧めします。

ご縁とは人だけではない。

神仏も仕事も全ての結びつきを意味します。

恋人が欲しい時だけでなく自分の人生のチャンスも含め必要なものを引きつける考えで是非お詣り下さい。

 

 

前回のコラムはこちら↓

与麻令児コラムNo.6『意外な所に不動明王様!』

2020年5月4日